ぎっくり腰

  • 突然腰が痛くなった
  • 腰を曲げた時に腰がグキッとなった
  • 重いものを持ち上げた時に腰が痛くなった
  • 腰を曲げても反っても痛みが出る
  • ズキズキ腰がうずく

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは「急になった腰痛」全ての事を指し、急性腰痛の事を言います。

ドイツでは「魔女の一撃」とも言ったりするそうです。脊椎と言われる背骨の外傷性変化(捻挫など)が原因となっている場合が多いのですが、徐々に生じた変化が何らかの引き金によって現れることも多いです。

重たい物を持ったり、中腰で長時間の作業をしたいたりすることで痛めてしまう事もあります。普段からマッサージや整体をしていても急に起きることがあります。

ぎっくり腰が発症した直後は直接触れないほどの炎症を起こすこともあります。

初期のぎっくり腰では直接患部を刺激しない方が良い場合もあります。

しかし、そのような場合でも患部以外の部分に施術を行う事でより早く改善させることができます。

腰と背中、股関節、太ももは密接な関係になっていて、例えば腰を曲げるときには股関節も同時に曲がります。

ですので、腰を痛めると周りの筋肉や関節にも負担が大きくかかってきます。

こういったところを施術することで腰への負担を軽減させることができます。

背中の筋肉も炎症期が過ぎれば直接患部にアプローチしていくことが可能です。

大阪市大正区・西区南堀江・吹田市に展開している我々フロンティア整骨院・鍼灸院グループでは、ぎっくり腰に対する施術は今お身体がどのような状態であるのか、またどこが原因になっているのかをしっかりと見極め、当グループオリジナルの整体や鍼灸を用いて施術致します。

ぎっくり腰を治療せずに放っておくと、痛みが治まるまでに長い時間かかったり、後遺症として後々痛みが持続するようになってしまったり神経痛を発症したりすることがあります。

軽い症状のぎっくり腰でも同じことが言えるので、放っておかずにしっかりケアすることが重要です。

 

ぎっくり腰の施術について普通のマッサージや整体では表面の筋肉はほぐすことができても、なかなか深部の筋肉までアプローチできません。大阪市大正区・西区南堀江・吹田市に展開している我々フロンティア整骨院・鍼灸院グループではオリジナル整体術や鍼灸術を用いてお一人お一人に合った施術をしてまいります。

ぎっくり腰の本当の原因は?あなたの身体の状態は大丈夫?

ぎっくり腰がおきてしまう原因の一つとして同じ作業を繰り返すことや、同じ姿勢を長時間とることで腰の筋肉に負担が積み重なっていきます。

そうすると血流が悪くなったり筋肉の柔軟性が落ちてきて、ある日突然急激な痛みとして表れます。

肉体的な疲労はしんどさやダルさ、倦怠感を感じます。十分な回復がないまま同じような作業を繰り返し行うことで知らず知らずのうちに筋肉は硬くなっていきます。

痛みを感じとる役目をしている神経は筋肉の中や下をたくさん張り巡っています。

筋肉が硬くなる事でその神経を圧迫してしまう事があります。

 

また、同じ作業を繰り返すという事は同じ筋肉ばかりに負担がかかります。左右どちらかの筋肉ばかり使ってしまうと身体のバランスがくずれてきます。そして人間にはクセというものもあるので、日常生活を送っているなかでもそのくせが身体のバランスを崩しています。

マッサージ等でも筋肉は一時的には緩みます。しかし、奥深い筋肉を緩めることや身体のバランスを整えるのは、なかなか難しいです。

ぎっくり腰の治療法は?

大阪市大正区・西区南堀江・吹田市に展開している

我々フロンティア整骨院・鍼灸院グループでは

整体を使って身体のバランスを整えたり、

猫背矯正を行い姿勢を正しい位置に戻したり、

奥深い筋肉にアプローチできる鍼灸施術を用いて、根本治療を行います。