スポーツ障害

  • 普段は痛みは無いがスポーツをすると痛い。
  • じわじわと痛みが強くなってきた。
  • スポーツ(運動)をした後から痛みが出てくる。
  • 痛みがなかなか引かない。
  • 同じところを何度も痛めてしまう。

スポーツ障害とは?

スポーツで起こる「怪我」には大きく分けて2パターンあります。

スポーツ障害とスポーツ外傷です。

スポーツ外傷とはスポーツをしている最中に突発的に起こる骨折や脱臼、捻挫、打撲などのケガで具体的に例を挙げると、ジャンプして着地した際に足首を捻る「足関節捻挫」

、柔道をしていて倒された際に肩を脱臼する「肩関節脱臼」、陸上短距離のスタートの際に太ももの裏の筋肉が引き伸ばされてしまう「大腿部筋挫傷(いわゆる肉離れ)」などのケガを総称して「スポーツ外傷」といいます。

 

それに対して「スポーツ障害」とは長期間同じスポーツを続けることで同じ動作を繰り返すため、体の同じ場所を使い続けることになり、その結果その場所や筋肉の付着部などに負担がかかって起こる障害です。

具体的に例を挙げると、テニスのバックハンドばかりをして肘を痛めてしまう「外側上顆炎(いわゆるテニス肘)」やランニングなどたくさん走りこんだりすることで起こる「腸脛靭帯炎(いわゆるランナー膝)」などがあります。スポーツ外傷とは違い、筋肉や関節を使い続けるオーバーユースにより発症するのが「スポーツ障害」と言います。

スポーツ障害の本当の原因は?あなたの身体の状態は大丈夫?

スポーツ障害は突発的ではなく繰り返し動作や環境によって引き起こされます。

例えば・・・

 

・体の使い方が間違っている

・コンディショニングや「体の手入れ」が悪い

・練習量が体の筋力や体力に見合っていない

・用具(靴や道具)が身体に合っていない

・体の骨格自体に問題がある

 

などの様々な理由が挙げられます。

大阪市大正区・西区南堀江・吹田市のフロンティア整骨院・鍼灸院グループでは「体の手入れ」に関して患者様のお手伝いをさせて頂いております。

 

各競技に合ったコンディション作りやどこの筋肉をどう使えば良いか、またどのようなトレーニングが必要か今まで国体や地域スポーツ大会などのトレーナー活動でいろいろなスポーツ現場に携わってきた専門スタッフがアドバイス、治療計画、施術に至るまでを行います。

 

症例 | 大阪市大正区・西区南堀江・吹田市泉町のフロンティア整骨院グループ

  • 野球での肩甲骨の痛み

    高校での野球の練習でピッチャーをしていて、いつもの何倍も球数を投げました。その日のうちに肩甲骨周辺がズキズキとうずきだし肩が上がらなくなりました。次の日にこちらに来院し診てもらうと、筋肉が損傷し炎症があると言われテーピングと包帯で固定しました。1週間で50%の力で投げれるようになりました。今現在も治療中ですが、もう少しで全力で投げれるようになりそうです。
    性別:男性
    年代:10代
    お住まい:吹田市

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。