夏場の冷え腰痛

  • 職場や自宅が冷房で冷えている
  • 夏場によく腰を痛める
  • 身体全体がだるい
  • 朝、起きる時に痛みが強い
  • 一日中、エアコンを付けている

近頃気温が上昇し、暑い日が続いています!!

こんな時に起こりやすいのが「冷えによる腰痛」です。
夏場は、気温が高く暑い日が多いので、体を逆に冷やそうとクーラーの常使用やアイス等の冷たい食べ物を体内に取り込み、体を冷やしてしまう事が多く、それにより腰痛が起こります。

冷えからくる腰痛の種類

慢性的筋筋膜性腰痛

多くの慢性腰痛は筋筋膜性腰痛となります。

脊柱起立筋・広背筋・腰方形筋・多裂筋などの筋肉が冷やされることで筋緊張が起こり血液循環を悪くさせ、老廃物や疲労物質などが発生すことで、筋肉・関節に負荷をかけ鈍痛や初動時痛など痛みを発生させます。
特にこの時期は体から熱を逃がす為の大量発汗により衣服が汗でぬれることで冷えてしまう他、ナトリウム・カリウムの低下や水分の低下により筋肉の緊張・収縮弛緩力低下が起こり、筋肉・関節に負荷を掛けやすく、年齢問わず筋膜性腰痛を発症する事が多くなっております。

ぎっくり腰

脊柱起立筋・広背筋・腰方形筋・多裂筋などの筋肉は腰周囲の関節付着している為、これらの筋肉がクーラーや大量発汗などで冷やされることで、筋緊張・筋疲労が起こり起床時やかがんだ際などの何気ない動作で、突発的収縮が起こった際に筋の柔軟性が足りず関節に負荷または筋肉自体を損傷し、発生します。
特に夏場は多く発生します。その理由としては、冬場はぎっくり腰になりやすいと世間的に知られており、多くの方は注意し行動するほか寒さから身を守る為に体を温めようとしますが、夏は逆に体を冷やそうとするほか暑さによる体力の低下かから回復力も低下し、筋疲労が起きやすくなっているにも関わらず、冬ほどぎっくり腰への注目が無い為に気をゆるめてしまうので、多発します。
症状としては損傷した筋肉の自発痛・体を動かした際の激痛・仙腸関節・椎間関節などの関節付近の熱感・腫脹・運動痛などがあります。

自律神経の乱れから来る心因性腰痛

夏場は室内と屋外の気温差が激しく、自律神経を乱す人が多くなっています。これにより鬱症状や全身の倦怠感・やる気の低下などが起こります。

また、ホルモンの分泌低下により疼痛緩和物質の分泌低下が起こり、腰痛症状が悪化します。 また、内臓が冷えてしまい、働きが悪くなることで消化吸収が上手くいかず、内臓の調子も悪くなるうえ、その関連痛による『腰』又は『背中』への痛みも出ます。
この事を「内臓体制反射」と言ったりします。

超簡単!自宅で出来るセルフケア!!

慢性的筋筋膜性腰痛の予防筋トレ

プランク
  1. 伏臥位の状態から肘を肩の真下におきます。
  2. 足はつま先を地面につけた状態で。できない方は膝をついてもOK
  3. 体を持ち上げて体を頭から足までを一直線にして。
  4. 1回20秒を1日3セットのペースで行ってください。

    ※姿勢が維持できない場合は効果が薄れるので一回の時間を短くしたり、膝をついたりして正しい姿勢で行ってください。

ヒップリフト
  1. 仰向けで肩幅に足を広げておきます。
  2. 膝を90度曲げて膝を立ててください。
  3. 左右の膝の位置が動かないようにゆっくりとお尻を上げていきます。
  4. 膝から頭までが一直線のところで少しキープし、ゆっくりと下げていきます。

    ※1回10秒くらいのペースで10回一セットを「1日3セット」のペースで行ってください。
    ※連続してできない場合は1セットの回数を減らし合計回数は同じになるようこまめに行ってください。

 

ぎっくり腰の予防ストレッチ

「ハムストリング」(太ももの後ろ)と「ふくらはぎ」のストレッチ
  1. 長座の状態で片足の足の裏にタオルをかけます。
  2. 両手でタオルを掴んだまま仰向けに体を倒します。
  3. 膝が曲がらない所で伸び感の感じるところで20秒から30秒キープします。

    ※痛みを感じる場合は無理に伸ばしすぎないでください、筋肉を痛めてしまいます。

臀部(お尻)のストレッチ
  1. 椅子に座り姿勢を正してください。
  2. 片足を反対の足に乗せてください。

    ※姿勢はまっすぐのまま体を前に倒して臀部(お尻)に伸び感を感じるところで20から30秒キープします。

    ※痛みを感じる場合は無理に伸ばしすぎないでください、筋肉を痛めてしまいます。

腸腰筋(股関節前面)
  1. 立った状態から片足を一歩前に出してください。
  2. 前の足を膝90度曲げて後ろの足は膝を地面につけてください。
  3. 少しずつ体の前側に体重をかけていって後ろの足の股関節の付け根に伸び感を感じるところで0秒から30秒キープします。
    この時上半身が前に倒れないように注意してください。

    ※痛みを感じる場合は無理に伸ばしすぎないでください、筋肉を痛めてしまいます。

フロンティアの腰痛に対する施術

慢性的筋筋膜性腰痛に対してのアプローチ
鍼灸治療

直径0.16㎜と髪の毛ほどの細さしかないステンレス製の鍼で深層にある脊柱起立筋や腰方形筋、多裂筋などの痛みの根源にアプローチし、鎮痛や筋肉の硬さを取り除く効果抜群の『鍼灸治療』

ハイボルテージ電気治療

HV(ハイボルテージ)よく耳にする通常の電気治療器とは大きく異なり、主流の電気治療器より10~20倍もの深さまで届く特殊な電気治療器により鎮痛から柔軟性UPまで一つの機械でこなしてしまう最新治療器。長時間のPC作業やクーラーでの冷えによる筋膜や始動時痛、深層筋の柔軟性の低下、筋肉の硬さや痛み、しびれなどに最適な治療。皮膚抵抗も低いためビリビリする感覚が苦手な方にもおすすめ!!

 

ぎっくり腰に対してのアプローチ

炎症期が痛めてから最低3~7日は続く期間と言われており、その炎症期をどれだけ短期間で終わらせれるかが治療のカギとなります。

そのために、HV治療器の強力な高周波による鎮痛、患部をかばっている部位へのケアがとても有効です。

また、ぎっくり腰にもあらゆる原因があるためあらゆる筋肉にピンポイントで狙える鍼治療と組みわせるのも有効的です。
炎症期が治まれば関節の可動性を引き出すように『整体治療』で筋肉・関節を調整し全身の原因部位へアプローチしていきます。

 

自律神経の乱れから来る心因性腰痛に対するアプローチ

患者様お一人お一人のお悩みをお聞きし、背中にある自律神経のツボへの指圧と熱刺激のコラボレーションした『電子温灸器』による治療や交感神経と副交感神経のツボの刺激量を変え乱れを調整する『鍼灸治療』が効果が実感でき、大人気の治療です。