「こむら返り」ってなぜ起こるの!?

2022年09月12日

大阪市大正区、大阪市西区、吹田市にあるフロンティア鍼灸整骨院グループです。
今回は「足がつる(こむら返り)原因」についてです。

みなさんは
寝ている最中、また運動途中に足がつって起きたことはありませんか?
足がつると
・痛い
・動けない
・再度つりそうになり寝付けない
などの症状があります。

では、なぜ足がつるかというと…
筋肉は伸びたり縮んだり脳からの神経を受けて動いています。そこに様々な原因を受けて誤作動が生じて足が急に縮み伸びなくなってしまう状態のことを言います。

原因としては

  1. 筋疲労
  2. 水分不足
  3. 冷え
  4. 筋力低下

などがあります。
今の季節は『冷え』が大きく関係しています。
睡眠の際、足元が出る服であったり、布団から足を出して寝ると『冷房』によりふくらはぎから冷えてしまい、血行が悪くなります。
悪くなっている所に寝返りの筋収縮の刺激により足がつります。

また、夏の暑い時期で『汗』をかきます。
汗は身体を冷やす作用があり、さらに筋肉の血行が悪くなります。
そして、身体の中は脱水傾向になりイオンバランスが悪くなり伸び縮みの指令がうまくいかなくなりつります。

足がつったときの対処法、予防法は

  • 身体の力を抜く
  • 縮んでいる方向と逆方向にゆっくりストレッチ
    ※急激にストレッチをすると筋損傷をするおそれがあります。
  • 夏の時期は喉が乾く前に水分補給それと共に塩分補給
  • 身体を冷やさない(特に足元を温めてあげる)
  • 運動をした日にはストレッチ(疲労除去)
  • 適度な運動

足がつる原因も患者様によって違いますので対処の仕方も変化していきます。
また、当整骨院グループでは『ふくらはぎオイルマッサージ』の施術メニューもございます。
なにか気になる事があればスタッフにお声がけください。患者様、一人一人に合ったストレッチや対処法をお伝えさせていただきます。

実は関係の深い腰と股関節!?

2022年08月15日

大阪市大正区、大阪市西区、吹田市にあるフロンティア整骨院グループ 柔道整復師の山本です。

今回は『腰と股関節の柔軟性の関係』についてです。

腰痛は体の悩みで女性では2番目男性では1番多く、人類の8割以上が腰痛を人生で一度は経験するといわれています。
そんな腰痛には様々な原因があるなか今回は実は関係の深い腰と股関節について解説していきます。

まず腰とは解剖学的には腰椎と言われる背骨の下から5個をいいます。
そして腰椎は背中側に突起がたくさんあるため、前屈と後屈はできますがひねる動作はあまりできません。
ですが日常生活やスポーツの場面でよく「腰をひねる」というワードを聞くと思います。
実は「腰をひねる」は股関節や胸椎(腰椎の上にある背骨)が主に動いているのです。
そして胸椎と股関節は「ひねる」以外の全ての腰の動作に深く関わります。
そのため胸椎や股関節の可動域が悪くなると、隣の腰椎がかばって痛みやだるさにつながったり、最終的に腰痛に繋がります。

ではなぜ同じ背骨の胸椎ではなく股関節を今回ピックアップしたのかというと、セルフケアが簡単にできるからです。
前屈で指が地面につかない方は特にストレッチをご紹介するのでチャレンジしてみてください。

今回お風呂上がりや寝る前以外にも、お仕事や家事の合間にできるようイスに座ったままできるストレッチをご紹介していきます。

  1.  太ももの後ろハムストリングスのストレッチ(20秒)
    膝を伸ばし、つま先を上げ足首を90°に上体を前にたおします。

     

  2.  お尻のストレッチ(20秒)
    片方の外くるぶしをもう片方の膝上に乗せ、乗せてる足の膝を下に押しながら背筋を伸ばし上体を前に倒します。

今回は1つ目の日常でよく使う前屈と、2つ目の腰椎の1番苦手なひねる動作をするお尻の筋肉のストレッチをご紹介させて頂きました。

 

ストレッチは副交感神経を優位にし、リラックス効果もありますのでぜひチャレンジしてみてください。

ぎっくり腰は寒い時期だけじゃない!?

2022年07月25日

こんにちは!

大阪市大正区、大阪市西区、吹田市、池田市石橋にあるフロンティア整骨院・鍼灸院グループです。

皆さん、ぎっくり腰は1年を通してなりやすい時期があるのはご存じですか??
比較的、寒い時期になると起こりやすいですが、実は夏場でもぎっくり腰になることが多いです。

それは、ずばり『冷え腰痛』といって、夏場、汗をかいて汗で湿ったままの服で冷房(クーラー)が効いた場所に行ったり、冷房が効いた部屋で一日中すごしたりすると体は冷えてしまい、筋肉も冷えて硬くなり、その状態から体を動かそうとしたときに、筋肉や靭帯、関節などに負荷がかかり、ぎっくり腰になってしまいます。

ぎっくり腰とは急性腰痛のことで急に痛くなった腰痛の事をいいますが、慢性的に腰痛を持っている方はさらに注意が必要になります。

腰痛になる原因はさまざまありますが、夏場はこの「冷え腰痛」が多くみられます。

先日、吹田院に来られたぎっくり腰の方の例を挙げると、ご自宅でお子様とプールで遊んでいたときの事。気温も暑く、冷たく気持ちが良いプールにつかっていて、お子様たちと遊んでいたみたいです。

その時、お子様を抱っこしようと持ち上げたときに、腰に激痛が走り動けなくなってしまったようです。

これは完全に「冷え腰痛」ですね。冷たいプールで体(筋肉)が冷やされ、硬くなっている状態でお子様を持ち上げたときに関節に過負荷が加わり、関節や靭帯、筋肉を損傷してしまったのです。

その後、当整骨院に来られて施術し、今ではかなりマシになられております。

さて、こういったケースで引き起こされる腰痛は未然に防げたかもしれません。
ご自宅で出来る簡単なセルフケアをご紹介しますので、ぜひお家で寝る前など少し時間を割いて実践してみて頂き、腰痛になりにくい身体を日頃から意識しましょう!

⇩ チェック!! ⇩

『冷え腰痛』

首コリ、肩コリの原因って!?

2022年07月6日

ストレートネックとは

ストレートネックとは首の骨いわゆる頸椎が通常であれば緩やかなカーブを描いているのですが、そのカーブが限りなく増す宇久に近い状態を言います。

近頃、このストレートネックが増えております。
その原因の一つにスマホがあります。「スマホ首」とも呼ばれるほど、首肩こりにはスマホが影響しています。

みなさんはスマホをのぞき込むとき、どういう姿勢で見ますか?大半の方は下を向きうつむいたままの状態で見る方が多いのではないでしょうか?

頭の重さは大体「ボーリングの玉」ほどの重さがあるというのはご存じでしょうか?それだけ重たいものを首に乗っけて、しかも下を向き続けているのですから、首や肩に負担がかかり、「首こり」「肩こり」なるのは予想がつきますよね(^^;)

この状態が何日も何日も続くと、関節が変形してしまいストレートネックとなってしまいます。

ストレートネックの予防法

  1. 首回りのストレッチをする
  2. スマホの長時間使用を避ける
    • 長時間使わなければならないときは目線の高さまでスマホを持っていきましょう!
  3. 同じ姿勢を維持し続けない
    • 20分~30分に1回は体を動かすようにしましょう!
  4. いすに座っている時の座り方に気を付ける
    • 骨盤を立てるように座り、両足裏は地面につける。
    • 猫背にならないように意識する
  5. 枕の高さを変えてみる
    • 高すぎる枕は首を頭を前に押し出している状態なので、首や肩の筋肉が緊張状態になってしまいます

今やスマホやパソコンは現代社会で必要不可欠なものになりつつあります。しかし、便利になっている側面では体への負担も潜んでおります。

長時間、使用し続ける事で首や肩の筋肉への負担が増す⇒ストレートネックになってしまう⇒「首こり」「肩こり」リスクが増えます。常日頃から姿勢を意識してストレッチなどでケアするようにしましょう!

雨の日限定メニュー(吹田院のみ)

2022年06月17日

「雨が降る前」や「雨の日」は倦怠感や頭痛を訴える方は多いのではないでしょうか?
実は気象病と言って、最近徐々に知られるようになってきました。

詳しいメカニズムははっきりとわかっていないみたいですが気温や湿度、気圧の変化、に伴い症状が現れる事が分かっています。

そして、そこに自律神経が影響していることが分かっています。

吹田市のふくやま整骨院・鍼灸院では雨の日限定のメニューとして「ヘッドマッサージ」を試験的に実施致します!!

頭にもたくさんのツボがあり、自律神経を整えるというツボもありそのポイントを中心に頭の筋肉に対し、施術します。

その日のYahoo!天気に傘のマークが付いていれば、整体やいつも

の施術にプラスして「無料」で付加させて頂きます!!

 

 

 

 

※現状、こちらのメニューのみの施術は実施しておりませんのでご了承お願い致します。

腰痛の原因は腰だけではない!?

2022年06月17日

大阪市大正区、大阪市西区、吹田市にあるフロンティア整骨院グループでは『肩こり』『腰痛』などの症状はもちろん、急性のケガや外傷なども専門的に診ております。施術スタッフ全員が国家免許を取得しておりますので安心してお任せ下さい。

今回は『腰痛』についてお話していこうと思います。

まず始めに日本で腰痛に悩まれている方は3000万人いると言われており、原因不明の腰痛の割合は約85%と言われています。

腰痛には椎間板、椎間関節、仙腸関節などの関節由来の腰痛や神経由来の腰下肢痛の研究は盛んに行われておりその病態は解明されつつありますが、筋肉由来の腰痛については基礎的な研究に乏しく、それらを由来とする腰痛のメカニズムは明らかにされていません。

その中でもフロンティア整骨院グループに来られる患者様でも特に多い筋肉由来の腰痛について話していきます。

筋肉由来の腰痛が発生する原因としては筋筋膜の線維化・滑走性障害がおこり腰痛を発症します。

筋肉はそれぞれの筋間や周囲の組織との滑走性を保ち、独立した運動が行えるようにするために結合組織で包まれています。結合組織は筋周囲を覆う筋筋膜のみならず皮下に薄く広く分布するスーパーフィシャルライン、全身に連結し筋組織の張力を伝達するディープラインに分けられます。

ディープラインは姿勢保持、動作を行う際の緊張力を全身に伝える働きを持ちます。

この結合組織および筋膜に何らかの原因(同一姿勢保持、物を持ち上げた時、起き上がろうとした時など)で微細損傷が生じ、炎症が生じると、結合組織および筋膜の線維化が起こり筋膜間の滑走性が低下し運動機能の低下を招きます。

線維化した結合組織および筋膜は圧痛や硬結(筋肉の硬さ)となり腰痛を引き起こしてしまいます。このような病態になる疼痛を筋筋膜性腰痛と言います。

 

 

 

ここでポイント!!

 

 

筋肉由来の腰痛をなるべく出ないようにするためには、日頃から筋肉が柔らかい状態にしておくことがポイントです!

柔らかい状態にするには?

  1. 温める
  2. ストレッチで伸ばす
  3. 心地よい圧迫刺激を入れる

1.温める
カイロなどで直接温めたり、お風呂でしっかりと温めたりしてあげてください!

 

2.ストレッチで伸ばす
「腰」や「お尻」周囲のストレッチをしましょう!

 

3.心地よい圧迫刺激を入れる
上向きで寝そべった状態で「腰」や「お尻」の下にテニスボールを入れます。そうすることでちょうどよい圧迫刺激が筋肉に伝わります。(痛い時は少し体を浮かしましょう!)

 

 

上記のようなセルフケアをして頂くことである程度は腰痛を防げるかと思います。
また、フロンティア整骨院グループでは予防を目的としたお身体のケアもさせて頂いておりますので、気軽に各院にご相談してくださいね!

 

もしも、腰痛になられた方場合は大阪市大正区、大阪市西区、吹田市にあるフロンティア整骨院グループでは独自の整体療法を用いて施術を行っていきます。

フロンティアスタッフによるブログ開始!

2022年05月24日

大阪市大正区、大阪市西区、吹田市にあるフロンティア整骨院グループの福山です!

日常生活にお役に立てる情報や肩こり、腰痛をはじめ日々の生活でお困りの症状などにおいて、ご自宅などで簡単にできるセルフケアの情報などを発信していきたいと思います(^^♪

ぜひ、お役に立てればと思います!


1 2