ハイボルテージ

  • テニス肘やアキレス腱の痛みなど亜急性期症状による痛み
  • 手や足のしびれ、坐骨神経痛
  • 長年続く慢性期症状
  • 頑固な腰痛・肩こり
  • 足底筋膜炎やランナー膝、TFCC損傷など

ハイボルテージ治療の特徴

ハイボルテージ電気治療器は急性症状・慢性症状に対応しており、その目的により流す電気の種類を変えて施術致します。超瞬間的に高電圧の電流を流すことで「皮膚の電気抵抗」 を最小限に抑えることができ、比較的刺激感を少なくし深部到達を可能にしたハイボルテージ電気刺激療法を行うことができます。

急性期症状では鎮痛効果の高いゲートコントロールプログラムを使用し、主に太い神経線維にアプローチすることにより痛みの伝達を遮断する目的で使用します。

慢性期症状では筋刺激による固有受容性神経筋促通法を行うマッサージプログラムで深層筋・浅層筋の筋血流量を増幅させ、筋弛緩・筋緊張の緩和をさせることにより痛みを和らげます。