オスグット(成長期の膝の痛み)

  • 走ったり、ジャンプした時に膝の下が痛い
  • 膝のお皿の下あたりが出っ張ってきた
  • 膝の下が当たる(押さえる)と痛い
  • 正座や立て膝をすると痛い
  • 片足立ちで膝を曲げれない

オスグットとは

オスグットとは 膝のお皿の下(脛骨粗面)に付着する筋肉(大腿四頭筋)により引っ張られることで、炎症を起こすものです。

太ももの筋肉(大腿四頭筋)は脛骨粗面と呼ばれる膝のお皿の下に付着します、ジャンプやランニングなどを繰り返すことで、筋肉に疲労が蓄積され、筋肉の血流が悪くなり大腿四頭筋の柔軟性が低下し、筋肉が硬くなり付着部を強力に牽引することにより脛骨粗面部にストレスをかけ痛みが出ます。

さらに、成長期の子供の場合 『骨の成長スピードが早く』 筋、腱の成長が追い付かずアンバランスな筋骨格構造になってしまいます。さらに、筋の張力が強くなるので成長過程の骨が負けてしまい隆起(盛り上がる)してきます。

あなた、お子様のお身体は大丈夫?

オスグットは、スポーツ(特に走ったり跳んだりを繰り返す競技)をされる方、中でも小学校高学年~中学・高校生などの成長期に多く発症します。

原因としては筋肉の使い過ぎやケア不足による筋の硬さや柔軟性の低下です!!

スポーツをされる多くの方は、トレーニングで使った筋肉に対してケア(ストレッチやアイシングなど)をしてはいても足りていない場合や、しっかりと行えていない場合がほとんどです。

トレーニングや練習も大事ですが、しっかりとケアをしなければ試合や大会の時に痛みでベストパフォーマンスを出せないし、何より日常生活にも支障をきたす場合があります。

オスグットは軽度なものは『膝の痛み』・『膝をついたり、物に当たると痛い』ぐらいですが、重度の物になると剥離骨折にまでいたる可能性があります。

さらには、日々の積み重ねで起こるものなので、なかなか気づきにくく症状が悪化しやすいです。

膝が曲げにくかったり、痛みがある場合は一度お近くのフロンティア整骨院・鍼灸院グループにお越しください。

オスグットの施術について

フロンティア整骨院・鍼灸院グループではトレーナー活動やこれまでの臨床経験で培った技術を生かし、患者様の早期回復、パフォーマンスの向上を目指しております。

 

 

筋肉の硬さに対しては
  • 『手技療法』
  • 『ハイボルテージ電気治療』
  • 『鍼灸施術』
関節の可動域に対しては
  • 『整体治療』
炎症症状に対しては
  • 『アイシング』
  • 『包帯固定』
  • 『テーピング固定』
  • 『動く際のサポート(テーピング固定)』

を行います。

 

※症状により施術内容が異なります。