上腕骨外側上顆炎【テニス肘】

  • 肘の外側が痛い
  • 全力で握りこぶしを握ると肘に痛みが出る
  • 手首を上に挙げる動作で肘に痛みが出る
  • 腕がダルイ
  • ペットボトルの蓋を開ける動作で肘が痛い

テニスをしていなくても『テニス肘』!?

上腕骨外側上顆炎
炎症が出ると治りにくい!

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上腕骨外側上顆炎の別名をテニス肘と呼びます。
テニスのバックハンドボレーを繰り返し行う事で発症する事が多い症状になります。
上腕骨(腕の骨)の『肘』付近に付着している筋肉が繰り返し使われることで付着部の炎症が起き、痛みが出る事を言います。

この上腕骨外側上顆に付着している筋肉は腕の筋肉の以外にも指を動かす筋肉も付着しているため、物を握る動作が多い作業の仕事をしている人、手首をよく動かすような仕事をしている人などに多くみられます。
指を動かす作業が多いと言えばパソコン作業
手首を動かす作業が多い=大工作業など。

現代社会ではパソコンを使用する職業はたくさんあるでしょう。毎日毎日、入力作業が多い人や大工作業など物を掴みながら手首をよく動かす人に多い疾患です。

あなたの体の状態は大丈夫?

  • 肘の外側がいつも痛い。
  • 肘が熱をもっているような気がする。
  • 物を持つ(掴む)と肘が痛い。

これらの症状がある方は手首を上に返すような動きをしてみて下さい。
これで肘に痛みが出る方は疑いがありますので、一度フロンティア整骨院グループへお越しください。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対する施術

炎症がきつい時

外側上顆炎の炎症がある時には患部に冷罨法(アイシング)をして、テーピングや包帯で圧迫固定を施します。
場合により『ハイボルテージ電気』の急性期モードで除痛を行います。

回復期

ある程度強い痛みが軽減しすれば前腕筋群をしっかりと手技をし、筋肉を緩めます。
『整体』
『手技』
『ストレッチ』
『アイソメトリックコントラクション』

などを行います。

メンテナンス期

その後はメンテナンスとして
『運動療法』や『筋力トレーニング』

などを行います。