脊柱管狭窄症

  • 長距離や長時間歩けない
  • 座ったり前かがみをすると痛みが楽になる
  • お尻や足にしびれ・痛みがている
  • 腰が重たい
  • 最近腰が曲がっている気がする

脊柱管狭窄症とは

脊柱(背骨)は骨が積み木の様に重なり、その間に椎間板と呼ばれるクッションの様なもので構成されます。

 

 

 

脊柱管とは脊椎の中にあるパイプの様な部位で第一腰椎の高さまであります。 その中に神経が通っており第一腰椎からは馬のしっぽの様な神経(馬尾神経)に形をかえます。

 

 

 

脊柱管狭窄症とは、脊柱管の後ろにある黄色靱帯が分厚くなったり、椎体と椎体の間にある椎間板が吐出する腰椎椎間板ヘルニアあるいは、骨そのものが変形突出したりすることで脊柱管が狭くなり神経根や馬尾神経などが圧迫されることを言います。

あなたの身体は大丈夫?

脊柱管狭窄症の主な原因は
  • 退行変性(老化)に伴う体の組織の変性や病気
  • ケガによる変形
  • 筋力低下

などにより発症します。

病態は
  • 靭帯が太くなる(肥厚)
  • 椎間板が大きくなる
  • 骨に棘の様なものができる
  • 滑り症・分離症などの疾患による変性
症状は

脊柱管狭窄の特徴的な症状として『間欠性跛行』があります。

※間欠性跛行とは、長時間歩くと足にしびれ・痛みが出て歩けなくなるが少し休むと症状が治まり、また歩き出せるというものです。

 

このような症状がありましたら、フロンティア整骨院・鍼灸院グループへお越しください。

脊柱管狭窄症に対する施術

脊柱管狭窄症の施術は基本的には保存療法となり、症状がきつく日常生活動作に支障が出れば 手術となる場合もあります。

フロンティア整骨院・鍼灸院グループでは

関節の動きを制限している筋肉に対しては

『手技』
『整体治療』

痛みや神経症状に対しては

『鍼灸施術』
『ハイボルテージ電気治療』

などを

筋力低下や日常生活をより楽に生活を送るために

『運動療法』

を行います。

 

※症状により施術内容が異なります。