腸脛靭帯炎(ランナー膝)

  • ランニングやウォーキングを最近始めた
  • 運動後に膝に痛みが出る
  • 膝の外側がズキズキ痛い
  • 膝の曲げ伸ばしで痛みが出る
  • 痛みで長く走れない

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは?

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは 腸脛靭帯・大腿筋膜張筋というお尻から膝にかけて足の外側に位置する靭帯・筋肉が『走る、歩く』などの膝の曲げ伸ばしを繰り返す事で、 腸脛靭帯が膝の外側で骨と擦れる事で炎症が起きる状態です。

症状の原因や増悪する因子
  • 走るフォームの崩れにより膝への負担が増えてしまう
  • 姿勢不良によるアライメントの崩れ
  • 膝、臀部周りの筋力低下
  • 足部のアーチの低下
  • 靴やインソールがあっていない

※『ランナー膝』と別名があるように特にマラソンやジョギングなどをされている方に多発します。

あなたの体の状態は大丈夫?

腸脛靭帯炎は捻挫などの外傷とは違い、痛める瞬間が明確ではない為、症状の自覚が遅れる場合が多いです。

要因としては筋肉の使い過ぎ(オーバーユース)やアフターケアの不足で起こる為、日々の身体のケア不足の積み重ねや姿勢不良なども原因になるのでなかなか自覚がしづらいものです。

発生機序

運動後の膝周囲の違和感・だるさ・痛み

ランニングやウォーキング中など膝が曲げ伸ばしにくく、痛みが出る

日常生活中にも膝に痛みが出る

このような順番で痛みが強くなってきます
初期段階では気がつきにくく、症状が悪くなってきても痛みや違和感に慣れてしまいいて、多少は我慢が出来てしまいます。それが続くと症状がかなり悪化してしまうものが多いです。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)は悪化してしまうと走ることができなくなることもありますので少しの違和感でも感じるようでしたら早めにフロンティア整骨院・鍼灸院グループへお越しください

フロンティア整骨院グループの腸脛靭帯炎の施術

競技や趣味でのランニングなどで痛めたお体をフロンティア整骨院・鍼灸院ではトレーナー活動で磨いた技術を用い、競技の早い復帰・お身体の改善を行います。

原因筋の筋肉に対し

『整体・手技』 『HV(ハイボルテージ)』 『鍼灸施術』

姿勢子改善には

『整体』

安静固定やサポートの役割として

『テーピング』 『包帯』

などを行います。

 

※症状により施術内容が異なります。