四十肩・五十肩

  • 肩が思うように上げられない
  • 夜中、寝ている時に肩がうずく
  • 服を脱いだり着たりする時に肩が痛い
  • 髪の毛を後ろで束ねる動作が痛くてできない(結髪動作)
  • レントゲンを撮っても原因がはっきり分からない

四十肩・五十肩とは?

40~60歳代の中高年の方に良く起こり肩の関節の疼痛と可動域の制限を二大症状とします。その中でも明確な病態診断をつけることができないものをいわゆる四十肩(または五十肩)といいます。

炎症症状がきつい初期の段階では夜寝ている時に疼くような痛みがあり、肩を動かす事によって痛みが出る為、無意識に肩を動かさないようになり最終的に挙上する事が難しくなります。一般的にこの時期に関節包の癒着が起こると言われていま

す。その後、疼痛は次第に弱くなりますが運動制限(可動域制限)が著しくなり、ますます肩を動かす事が困難になっていきます。

四十肩・五十肩の本当の原因は?あなたの身体の状態は大丈夫?

四十肩・五十肩は今のところはっきりとした病因は解明されておりませんが、腱板という筋肉の端(付着部)や上腕二頭筋の付着部の退行変性を基盤に軽微な外傷や血行障害が加わり炎症を

引き起こして関節包と呼ばれる袋状のものが癒着することで肩の関節の痛みや動きが制限されると言われています。

 

肩の関節は人の身体の中でも可動域が広い関節で、あらゆる方向に動くため構造が複雑になっています。その為、痛める場所は様々であり、ひとつの箇所を痛めるとその周りの筋肉や靭帯などにも負担がかかってくることもあります。

整体・鍼灸がその症状改善に効果的な理由

まず、四十肩・五十肩の初期のころは炎症症状があるため直接患部を刺激するのではなく消炎処置を施しながら周りの筋肉や関節に対して整体アプローチをしていきます。そうすることで、より早く治癒まで導きます。そして、後期症状になってくると幹部に対して拘縮をとっていくような運動療法や整体、また奥深い筋肉までアプローチできる鍼灸治療を用いて早期回復を目指します。