肩こりの治療 神経・筋肉調整×整体×鍼灸で改善

2018年06月26日

慢性の「肩こり」、もう治らないと諦めていませんか?

大阪市大正区・西区南堀江・吹田市のフロンティア整骨院グループでは神経・筋肉調整×整体×鍼灸治療で肩こりを根本施術します。

「肩こり」と言っても一人一人その背景は異なります。日常生活や仕事、クセなど「肩こり」になる原因は十人十色です。

 

ですので、当然施術も十人十色。

 

当グループでは最初にお身体を診させていただいてから、その方に合った治療計画を立てて整体技術、鍼灸技術等を用いて一人一人に合ったオーダーメイドの施術をします。

小児骨端炎(オスグットシュラッター病、シーバー病)

2018年06月22日

こんにちは。吹田院の福山です。

サッカーのワールドカップロシア大会が白熱していますね。先日、日本もコロンビアに2-1で勝利してますます盛り上がってきていますね。

実は僕も小学校の頃からサッカーをしていました。

 

小学生の頃は成長期でもあり、どんどん背が伸びます。

骨の成長に筋肉の成長が追いつけなくなると、骨端炎と言い筋肉の付着部の炎症が起こります。

膝の少し下が痛くなるオスグットシュラッター病(オスグットシュラッテル)や踵(かかと)が痛くなるシーバー(セイバー)病などが典型的な例ですね。

 

僕も小学生の時にオスグッドを発症し、連日辛い思いをしたのを覚えています。そんな思いを少しでも解消してあげれるようにしたいと思っております。当院ではオスグットやシーバー病などの骨端炎の施術も得意分野としております。

 

お困りの方は是非、問い合わせ、来院して下さいね。

「寝違え」は神経×筋肉調整×鍼治療で改善

2018年06月20日

今日はある患者さんが寝違えの症状で来院されました。

首を動かすと痛みが走る。いわゆる可動域が著しく低下した状態でした。

昨晩の蒸し暑さでエアコンをつけっぱなしで寝てしまい、朝起きたら首が回らなかったみたいです。

この患者様は3回の来院で完全に症状が改善しました。

 

寝違えでは様々な症状がでますが、一番多いのはやはり可動域の低下になります。

頸椎の関節の動きが悪くなると、筋肉の異常緊張が起こり、痛みがさらに増加します。

 

当グループでは寝違えの治療に神経×筋肉調整×鍼灸治療で改善します。

 

外側上顆炎を鍼灸×整体で改善

2018年06月12日

外側上顆炎はテニス肘とも呼ばれ、肘の外側が痛くなる疾患です。テニスのバックハンドショットをすることでこの肘の部分に高負荷が加わり、それを繰り返し続ける事により炎症を起こします。テニスプレーヤ―に多く、この名前が付いたのだと考えられます。テニスだけで起こる疾患ではなく日常生活や指や腕をよく使う仕事でも発生します。当院では急性期の外側上顆炎ではアイシングをし、テーピングや包帯固定などを施し炎症症状がとれれば筋肉を緩める治療をしていきます。その場合は鍼治療と整体が効果抜群です。

吹田市・大正区・大阪市西区南堀江のフロンティア整骨院・鍼灸院・整体院グループ